top写真

よくある質問(レコーディング編)

Q.一曲をレコーディングするのに何時間かかりますか?
A.曲の長さや演奏のミスする回数がバンドごとに違うので 一概には言えませんが、準備から録音、そしてミックスダウンとマスタリングをして 平均で8時間くらいです。
Q.8時間パックで何曲レコーディングできますか?
A.録音からミックス&マスタリングまで行うとすると1日1曲です。
ただ、ちょっとしたデモや思い出作りに簡単に音源を作りたい場合は やっつけ的なノリで作業を行えば一日3曲くらいの録音は可能ですが 仕上がる作品のクオリティーとしては今ひとつの出来になることが多いです。

今まで一日に3~4曲(ミックスは別)を録音されたお客様もいますが 後半はみなさんほぼバテバテに、しかも時間に常に追われ ベストの状況とはほど遠い作品の仕上がりとなることが多かったです。

少ない曲数にして質のよい作品を作るか、
質は落としても曲数をとるか・・・ どちらを選ぶかはお客様次第です。

ただ、作品は、成人式の写真や結婚式に写真と同じで
この後も一生残ります。
自分の子供や孫に聞かせても恥ずかしくないように 妥協のないクオリティーの高いもので残すことをスタジオとしてはオススメします。
Q.演奏をミスしても大丈夫ですか?
A.はい。まずはミスを気にせずに思いっきり演奏してください。 その後、楽器ごとにミスした箇所だけをポイントで録音しなおすことが可能です。
Q.ミックスは自宅で自分でやりたいのですが?
A.もちろん可能です。お客様のご希望にそった形で録音したファイルを書き出しするので、DVDやUSBメモリに入れてお持ち帰りください。ただし、書き出しの作業にかかる時間は 別途料金を頂戴致します。
Q.演奏中はクリックを聞いたほうがいいですか?
A.スタジオ的にはあとの編集がやりやすくなるので聞いていただきたいですが、普段からクリックに合わすことに慣れていない方はとても演奏しにくいと思うので、自分にあったやり方で録音することをオススメします。 ただ、恐縮ですがスタジオ的には聞くことをオススメしております。
Q.録音した音はいいのですか?
A.はい、音のクオリティーは絶対的な自信を持っております。 その証拠にこれまで様々なメジャーアーティストもトリゴロをご利用いただいております。
Q.レコーディング本番の大まかな流れを教えてください。
A.ドラム、ベース、ギター、ヴォーカルの一般的なバンドの録音の場合、下記のような流れになります。
1.セッティング(マイクやケーブル)

2.楽器隊の演奏を録音

3.歌やコーラスを録音

4.ミックスダウン(各パートの音質やバランス調整)

5.マスタリング(曲ごとの音圧や曲間の調整)

6.CDに焼き込み

7.撤収/片づけ

↓さらに詳しく知りたい方はコチラ↓

レコーディングよくある質問はコチラ